読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

37w5d 母親教室・後期とベビーベッド

今日は井槌病院が開催している「母親教室・後期」に参加して来ました

2時間のうち、1時間半は院長先生のお話でした

内容は、

・体重制限について

・心配なことetc

・予定日について

・入院のタイミングについて

お話のほとんどは「体重制限の重要性」

*妊婦の体重が増えすぎるとその脂肪は骨盤内についてしまう。骨盤内についた脂肪はものすごく固く、柔らかい頭の赤ちゃんは出てくるのが大変になる。我が子のためを思うなら、+10キロ(1か月1キロ)を目安に体重管理をしましょう

*体重が増えすぎると、むくみ、たんぱく尿、高血圧、妊娠性糖尿病、胎盤の働きが落ちるなどの症状が出る。また、予定日を2週間あまり超過したりする

*予定日を超過するとお産の時に、羊水が減る、赤ちゃんの心拍が落ちる、出血が増える、微弱陣痛などに陥る

*お産の悪い所を減らす=体重制限である

*赤ちゃんの体重よりも妊婦の体重が問題。妊婦の体重が増えすぎる=難産になる

 

体重制限をすることがなぜ大切なのか、ということがよく分かりました。このクラス、日程が合わずに私は臨月に入っての参加となりましたが、もう少し早めの8か月、9か月で受けておいた方が体重管理を意識する上では良かったのかなと思いました('ω')

 院長先生のお話のあとは、保健婦さんと助産師さんからのお話が少しあり、病院内の案内ビデオを見て終了でした

 

そうそう、クラスの途中から軽い生理痛のような痛みと張りを下腹に感じ始めて「お!これがいわゆる前駆陣痛ってやつ?」と思いながら、帰宅中も時々感じていたのですが、家に着くころにはなくなっていました(';')

私の体もいよいよお産に向けてウォーミングアップを始めたようです。はぁ~、ドキドキ^^

 

出産予定日が近づいてきたので、ベビーベッドを完成させました

f:id:kororochang:20170315100018j:plain

ベッドはKATOJI、お布団はスクリブルスクラブルのやつです

見ているだけで「もうすぐ会えるな~」とワクワクするのですが、その反面「娘がお腹の中にいる妊婦生活もいよいよ終わるんだ・・」と思うと寂しくも感じています。ボコボコと胎動を感じる貴重な時間も残りわずかと思うと、少し名残り惜しいです・・

「産まれてからもゆっくり大きくなってほしいなぁ」なんて今から思ってしまいます