読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

34w5d ラマーズクラスⅡを受講

今日はラマーズクラスⅡを受講してきました

内容は以下のようなものでした

正期産について

②陣痛、破水、出血、胎動について

③分娩までの流れ

③入院について

④入院後のスケジュール

⑤出産ビデオ鑑賞(井槌病院で撮られたものではなく、別の産院のもの)

⑥ラマーズクラスⅠで教えて頂いた呼吸法の復習

 

前駆陣痛は間隔や痛みが不規則で、本陣痛は規則的なので2時間ぐらい自分できちんと測ること(10分以内、1時間に6回以上の規則的なお腹の張り)。破水は量が少なくチョロっと出ることがあるので、少しでも疑わしい場合はすぐに受診すること。「赤ちゃんがおりてくると胎動が減る」というのは誤った情報、胎動が減ったと感じたらすぐに病院を受診すること

 

入院する部屋は、

A室 13000円or14000円(広い部屋・トイレ付)

B室 10000円(トイレ付き)

C室 8000円(B室より狭く面会の人が多い場合は不向き・トイレ付)

D室 4000円(壁で仕切られている2人部屋、ただし壁の上はオープンでつながっているので音は聞こえる。洗面台は共同、トイレなし)

実際の部屋は満床で見ることが出来なかったので、パンフレットで見せていただきましたが、どの部屋も綺麗でした^^

 

病院で購入できるお産セットについての説明もあり、お産用パッドはかなり大きいものでした(それだけ出血するんでしょうね)。念のため、夜用の生理用ナプキンを持参しようかと思っていましたが、必要ないとのことでした

 

一番印象的だったのが、お産が上手な妊婦さんお二人(自然分娩)の「出産ビデオ鑑賞」。他の方のブログで内容が衝撃的だと知ってはいましたが、かなり衝撃的でした!

このビデオ、お股の部分がモロに映っています(+o+)

「赤ちゃんの頭って大きいな」「子宮口ってあんなに広がるんだ」「とにかく痛そうだな」と、全部当たり前のことなんですけど、実際目で見ると正直怖くなりました(無痛分娩予定の私ですが)・・

幸い?最前列で鑑賞されていた方の頭で、お股の部分がちょうど隠れる時が度々あって少し救われました(*´Д`)←いやいや!

(血を見るのが苦手な方や気分が悪くなりそうな方は、ビデオ鑑賞前に別の部屋へ移動して見なくてもいいそうです。事前に説明がありました)

 

とりあえず、思い出して考えると怖さが増す一方なので「娘に会うために頑張るしかない!」っていう方向に気持ちを持って行きたいと思います(無理矢理にでも)・・

あと、『立ち会い出産』について夫がしたいというので、してもいいかな~って思っていたのですがめます!!

お股の部分は見られないにしても、あの場に居て欲しくないなという気分になりました(色んな考え方があるかとは思いますが)・・いろいろ考えさせられたラマーズクラスⅡ、いや、出産ビデオでした(・・;)