読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomatoのマタニティ日記〜2017年4月はじめ出産予定〜

結婚8年目、不妊治療の末に待望の赤ちゃんを授かりました

33w0d 無痛分娩講義と水通し

妊娠後期

33w0dになりました

先週は産院の「無痛分娩講義」に参加してきました

内容は、

・無痛分娩とは

・無痛分娩の歴史

・無痛分娩の種類

・硬膜外麻酔について

・無痛分娩の良い所、悪い所

・無痛分娩と体重増加について

などで院長先生が2時間弱お話して下さいました

 

無痛分娩といっても沢山の種類があり、井槌病院で行っているのは「硬膜外麻酔」とのこと。この麻酔はみぞおちから股下ぐらいまでの「温痛覚」を取り除くもの

良い所は出産時の痛みがとれる。悪い所は①クモ膜下誤注入(医師がきちんとすれば防げるもの)②血管誤注入③麻酔アレルギー(アレルギーが出る人はほとんどいない)

 

無痛分娩でも体重制限は必要で、体重が増えすぎると無痛分娩が受けられず帝王切開になることがある。1か月1キロ増、トータル10キロ増を目安に管理して下さいとのこと

 

「お腹の張り」については出産までのウォーミングアップなので、張りが起こるのは普通のこと。張りが起こる=早産ではない

 

講義を受けた感想は、無痛&お産についての予備知識を得ることができたし、井槌病院なら安心して無痛分娩が受けられるなという気持ちになりました。

最後に無痛分娩申込の予約カードをいただきました。カードに記入し、次回の検診で先生に提出すれば正式な申込完了となります。あとは体重管理~!残り49日、頑張ります^^

 

今日の福岡は雪ですが、天気の良い日はボチボチ水通しも始めました

f:id:kororochang:20170211101501j:plain

娘の服、小さくて可愛いなあ♡